なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

フィリピンへの語学留学①【旅行・英語】まずは語学留学先の学校の探し方~DMM留学を使いました~

こんにちは。

monmontanaです。

 

会社を休んで2週間ほどフィリピンへの語学留学をしてきたので、その感想とフィリピンへの語学留学を考えている方に何かヒントになればと思い、書いてみます。

 

 

1.語学留学の動機(理由)を決めよう

まず、もっとも大切なのはこれ。

フィリピンへの語学留学を検討している人で、偶然にもこのブログをご覧いただいてる方はもちろん動機があるかと思います。

ちなみに自分の動機は「バックパッカーをしていたので旅行で困らない程度に何とか英語は話せるけど、自分の意見や考えを伝えるようになりたい。」というものでした。

まぁ、ゆくゆくは英語で仕事ができるようになりたいなぁ…という願望はあるんですがw

 

といっても、別に大それた動機でなくともいいと思うんです。

「英語が全く話せないので、旅行で困らないぐらい話せるようになりたい。」

「これからワーホリに行くので、その前に英語力をあげたい。」

 っていう具体的な動機だけでなく、

「最近、退屈だから新しい体験をしたい」

とかでもいいと思います。

 

2.自分の中で最優先したい条件を3つ絞ろう

さて、 「フィリピン語学留学」で検索するとかなりたくさんの学校が出てくると思います。

自分も行く前に色々と検索していたのですが…

「いや…これ多すぎてどれがいいかよく分からない…(正直、面倒くさいなとw)」

 

ということで学校はたくさんあるので、まずは自分のの中での最優先条件を3つ選びましょう。

自分の中での最優先条件は3つ。

①マンツーマン授業が多いこと

②一人部屋であること

③海外の生徒の割合が高いこと

 

①マンツーマン授業が多いこと

自分は文法や読解については大学受験でひたすら勉強したので(まぁ、もちろん色々と忘れていましたがw)、とにかくスピーキングを伸ばしたいと思っていたのでこれを最優先事項にしていました。

例えば、3人のグループレッスンの場合だと授業で自分が英語で話せる時間は単純計算で3分の1になってしまいます…

せっかく休暇で行くのに1分1秒でも時間が惜しい自分としては、マンツーマンで徹底的に英語を話したいなと。

 

②一人部屋であること

これは自習する際に一人部屋だと集中できるかなと思ったのと、一人のほうが色々と楽かなと思いまして。(あとは、同居人が大学生とかで30代のおっさんと一緒の部屋になるなんて嫌かなと…w)

 

③海外の生徒の割合が高いこと

これは、常に英語を話す環境に身を置きたいなと。

やっぱり日本人ばっかりだと日本語話してしまうし、せっかくだから外国人の友達も欲しいなと。

 

 

3.直接留学先を選ぶか、代理店(エージェント)を通すか

上記の条件を念頭にネットで探していたんですが…たくさんあり過ぎて絞りきれない…w

ということで、一応自分の中で候補を出しつつ、エージェントに一度相談してみることに。

 

ちなみに自分が相談したのはDMM留学に相談しました。

理由は後述。

ryugaku.dmm.com

 

まあ、面倒なことになったら話を聞くだけ聞いて断ればいいのかなとも思っていたりw

 

依頼フォームから日程などを送り、その後はメールで調整しました。

当日仕事がのびてしまい、リスケの連絡を入れたのですが、親切に対応してくれました。

面談当日、会社に行くとめちゃくちゃキレイなオフィスに会社の中はプロジェクションマッピングのようなものでジャングルを表現⁉

面談してくれた方もすごく丁寧にヒアリングをしてくれました。

自分としては上記の条件を満たしつつ、可能であれば安い学校という要望をしました。

 

そして、その後メールで幾つかの学校と見積もり比較をいただき、学校を決定しました。

 

4.DMM留学に相談して良かったこと

DMM留学に相談して良かったなと思うことを以下にまとめてみました。

ちなみに自分はDMM留学の回し者でもなんでもありませんので、ご安心をw

一応、分かりやすいように代理店を通して良かったことと、DMM留学を通して良かったことを書いてみました。

 

<代理店を通して良かったこと>

①留学先を絞りやすい

これは当然ながら日々色々な人に留学先を紹介しているエージェントのほうが、圧倒的に情報量が多いので学校に詳しいです。

なので、自分の要望が明確であればいい学校を紹介してくれます(くれるはずですw)。

②新しい提案がもらえる

自分の探していた以上にいいところを紹介してくれるケースもあります。ちなみに自分の場合はこれでした。

③価格は変わらない

代理店を通しても、直接学校に申し込んでも留学費用は変わりません。一応、そういう取り決めがなされているみたいですね。(まぁ、直接学校に交渉したりしたらまた違うのかもしてませんが、基本的には留学費用は変わらないはずです。)

 

<DMM留学の良かった点>

以下の点がDMM留学を通して良かったなと感じました。

①キャッシュバック一万円

※期間限定です。かつ2週間だったので1万円でした。ちなみに手続きは入力フォームに入力するだけで、めちゃくちゃ簡単でした。

②DMM英会話が2ヶ月分無料!

DMM英会話の2ヶ月分無料は、帰ってきたあとに英語に触れる機会を作れるからいいのかと思いました。ちなみに「iknow」というアプリも無料で使えるみたいですね。

 

以上の理由が自分がよかったなと感じた点です。 

迷っている人がいたら、とりあえず話だけ聞いてみるのはいいのかなと思います。 

 

5.まとめ

今回はフィリピンの語学留学先の探し方と代理店(DMM留学)を使った感想を書いてみました。

動機と条件を把握するのは大切だと思います。

結局、探すことにものすごく時間を費やすのであれば、1分でも勉強したほうがいいのかなと思います(もちろん、情報を得るのは大切です)。

ある程度探す時間には区切りをつけるのも大切かと。

ちなみに自分は合計6時間ぐらい調べて、代理店に行きました。

 

次回は行くまでと準備について書こうかな~と思っています。