なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

放り込まれます【映画感想】ダンケルク


f:id:monmontana:20170929124028j:image

 実は公開初日に見に行きました。クリストファー・ノーラン監督の最新作。

クリストファー・ノーラン監督の作品はほとんど観ていてどれも大好きなので、めちゃくちゃ楽しみにしていました!

そして、期待を裏切らない面白さでしたよ〜。

 

以下、あらすじと感想です。

(一部ネタバレが含みますのでご注意ください。)

ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。史上最大の救出作戦と言われる「ダイナモ作戦」が展開された、第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。ポーランドを侵攻し、そこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、戦車や航空機といった新兵器を用いた電撃的な戦いで英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。この事態に危機感を抱いたイギリス首相のチャーチルは、ダンケルクに取り残された兵士40万人の救出を命じ、1940年5月26日、軍艦はもとより、民間の船舶も総動員したダイナモ作戦が発動。戦局は奇跡的な展開を迎えることとなる。出演は、今作が映画デビュー作となる新人のフィオン・ホワイトヘッドのほか、ノーラン作品常連のトム・ハーディキリアン・マーフィ、「ブリッジ・オブ・スパイ」でアカデミー助演男優賞を受賞したマーク・ライランスケネス・ブラナー、「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズらが顔をそろえている。(映画.com から引用)

 

いやー、映画館で見てよかったなと思った映画でした。

何と言っても臨場感がめちゃくちゃ凄いんです。

この映画は正直ストーリーが面白いとか、主人公がカッコイイみたいな映画とは違って、戦争の現場ってこうなんだろうなと疑似体験させてくれる映画だと個人的には思っています。

 

作品自体は陸(防波堤)、海、空の3つの場面で異なる時間軸が舞台となります。

もちろん主人公はそれぞれなんですが、全然ヒーロー感がないw

もちろん、海・空の主役達はそれなりにヒーロー感があるんですが、陸(防波堤)の主役は逃げてばかりでヒーロー感が全くない(敗戦なんで当たり前ですがw)。

 

でも、これがいいのかなと。

戦争映画って割とヒーロー中心に描かれたりすることが多いのですが、実際は普通の人達なんですよね。

 

みんな生きたいし、無事に帰りたい。

でも、帰れない絶望感と恐怖。

 そして、観てる人はそんな状況放り込まれる。

 

まあ、本当にその場にいるように感じられる作品っていうのがこの作品の凄いところなのかなと思います。

ある意味、新しい映画の見方を提案した形なのかなと。

 

是非IMAXで観たい映画でしたね(自分は残念ながらIMAXではなかったです)。

 

ちなみに彼女や家族とっていうよりも一人か映画好きな友達と観るのがいいかもしれないです。

自分は臨場感に浸りすぎて感想を話し合うといった感じではなかったですw

 

とにもかくにも映画館でみることをオススメいたします。