なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

豪華俳優陣。【映画感想】怒り

 

怒り Blu-ray 豪華版

怒り Blu-ray 豪華版

 

こちらもTSUTAYAで借りた映画。

これも話題になっていて映画館で観たいなぁと思いながら時間がたってしまい観れなかった映画。

 

以下、あらすじ。

吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來松山ケンイチ広瀬すず綾野剛宮崎あおい妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。(映画.comより引用)

 

んー、面白いというよりも凄い映画でした。でも、どこか絶賛できずに引っかかるなぁとも思える映画でした。

 

ちょっとあらすじを整理すると、この映画は3つの場所で同時に話が進んでいきます。

 

1つは千葉の漁港でのストーリー。

登場人物は渡辺謙松山ケンイチ宮崎あおい

2つめは東京でのストーリー。

綾野剛妻夫木聡

3つめは沖縄でのストーリー。

森山未來広瀬すず

 

この映画の凄いところは、それぞれのストーリーが全く独立しており、かつ一つ一つがしっかりとした内容でありながら、誰かが殺人犯だというところで繋がっているという。

それを観てる側が混乱しないようにうまく誘導しているなと。

 

そして、何より豪華俳優人がすごいです…というかこの俳優人だったらこのおもしろさも納得だなと(もちろん、原作・監督も凄いんですよ)。

中でも一番すごいのは広瀬すずでした。

他の俳優陣ももちろん凄いんだけど、なんというか元々凄い俳優と知っているから、これだけの演技をして納得みたいなところがあるんです。

けれど、広瀬すずは自分の中でもどこか元々アイドル?モデル?みたいな印象もありまして、演技ってそんなにうまくないんじゃないかなと思っていたんです。

でも、「海街ダイアリー」といい、今回の「怒り」といい結構いい演技するんだなと。

今後が楽しみ女優さんですよね。

 

とても素晴らしい映画なんですが、個人的にはちょっと途中から入りれなかったですね。

多分、誰が犯人なんだろうと考えてしまったからなのかなあ。

米軍がらみの話とかちょっと入り込めなかったなと。

 

でも総じて、いい映画でした。

日本映画でいい!っていうのはなかなかないですが、とても良かったですよ。

観てないない人にはお勧めです。