なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

ラブコメですね。【映画感想】フォーカス

 

フォーカス(字幕版)

フォーカス(字幕版)

 

今回はNetflixではなくてアマゾンで観ました。 

レンタルが100円だったのでここぞとばかりに観ることに。(実際はクーポンが適用されて0円でした。)

 

いやー面白かったですね。

感動する!とか胸をうつ!って感じの映画ではないんですが、スタイリッシュでいい意味で軽く観られる感じの映画です。

 

そもそもこれを観ようと思ったのが、さかなくんがウィルスミスの真似をしたジャケ写がニュースになっていたなっていうのを覚えていたからなんですが。(広告会社にまんまとやられていますねw)

 

以下、あらすじ

ウィル・スミスが視点(フォーカス)を操ることで相手を手玉にとる犯罪のプロに扮したクライムサスペンス。監督・脚本は、「フィリップ、きみを愛してる!」「ラブ・アゲイン」のグレン・フィカーラジョン・レクア。詐欺師集団を束ねるニッキーは、未熟な女詐欺師のジェスに懇願され、彼女をチームに入れて育てることに。仕事の足かせになる恋愛はしない主義のニッキーだったが、ジェスとの関係は師弟のそれを超えたものになってしまう。ある大きなヤマに勝った後、ニッキーはジェスに大金を渡して別れを告げるが、数年後、大きな狩り場でもあるブエノスアイレスのモーターレース会場でジェスと再会。彼女は男を手玉に取る女詐欺師に成長しており、2人は世界の大富豪を巻き込み騙し合いを繰り広げる。ジェス役は「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で注目を集めたマーゴット・ロビー。(映画.COMより引用)

 

クライム・サスペンスというよりも、ラブコメディっていう映画です。

軽い感じで観られる映画でGWの最終日に見るにはとても良かったです(翌日から仕事ですからねw)。

 

特に復讐とか謎解きとか冒険っていう目的があるようなストーリーじゃなかったので、これどーやって終わらせるんだろうと思ってハラハラしてたんですが、無事いい感じのラストで良かったですw

 

むしろ、ラストはこう来たかって感じでした。ある意味すっかり騙されてましたw

自分は絶対詐欺師にはなれなそうだなぁと。

 

映画に詐欺師になるための心理的要素みたいなのが出てくるんですが、やっぱりいくつになっても試してみたくなりますよね。(明日会社の後輩に試そうかなw)

 

ちなみにとある方がマウスピースを買うシーンが出てくるんですが、個人的にはそーやって使うのかってビックリしました(凄いどーでもいいですねw)

 

主演のウィル・スミスは相変わらずカッコイイです。

もう50近くになるんですね…それにしても体と鍛えてるし、凄いよなぁ。

自分なんてGWにゴロゴロしていたせいで、すっかりお腹がぷよぷよに…w

 

また、マーゴット・ロビーも美人さんだったなー。

最初全然気づかなかったんですが、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でのディカプリオの奥さん役をやっていた人だったんですね。

あの時も美人な女優さんだなーと思っていたんですが、相変わらず美人でした。

 

監督のグレン・フィカーラジョン・レクアもいいですね。

「フィリップ君を愛している」と「ラブ・アゲイン」両方とも好きな映画です。

確かにどことなく、「ラブ・アゲイン」の雰囲気にこの映画も似ていますね。

 

軽くみれて後味もいい映画なので、オススメです。