読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

クールだけど、どこか人間らしい。【映画感想】リンカーン弁護士

 

こちらもNetflixで観ました。もーNetflix様々ですね。

 

実は題名からして全然期待していなかったんですが、意外と面白かったですw

ちなみにこのリンカーン弁護士っていう題名、乗っている車のリンカーンからきていたんですね。てっきり、大統領のリンカーンと何か関係があるんじゃないかなって思ってました(しかも、最後まで気づかずにw)。

 

さて、この映画、題名からして「弁護士」ってはいっていることから分かるように、法廷サスペンスもの。

結構、弁護士用語や知識みたいなのがストーリーの重要なところで絡んでくるんですが、ドラマの「SUITS」が大好きな自分的には結構中身がすんなり入ってきました。司法取引の話とか守秘義務の話とかね。(一部難しくて分からないところもあったけどw)

なんだかんだで、映画とかドラマとか観ることで知識って入るものなんですね。(司法取引の知識とかどこで使うんだってのはおいといてw)

 

内容はもちろんのこと、マシュー・マコノヒー演じるミック・ハラーがかっこいいんですよ。

弁護士らしいスマートさっていうところよりも、人間らしさというか人間くささがいいなって。

最初は「お金のために」的な弁護士として描かれているんですが、徐々に葛藤と共に「法」や「正義」のためにと動き出すところがとてもいいんです。それがあってのラストもいいんですがw

ちなみにマシュー・マコノヒーは名前は聞いたことはあったけど、実際に彼の出演している映画で観たのはインター・ステラーがはじめてでした。ただ、今回の作品もいい演技してますね。(調べたら、ウルフ・オブ・ウォールストリートのディカプリオの上司役で出演していたんですね。全然気づかなかったけど、キャラとしては印象にのこっているからさすがですねw)

 

あと、音楽がいいんですよ。法廷サスペンスにヒップホップを流すところとかセンス抜群です。しかも流れるヒップホップもかっこいいんです。(ギャング・スターのMoment Of Truth思わず買っちゃいましたw)

 

トーリーといい、音楽といい、マシュー・マコノヒーといい渋いけど、クールないい映画です。コーヒー飲みながらじっくり観るのをオススメします。

 

今度はマシュー・マコノヒー繋がりで、「ダラス・バイヤーズクラブ」でも観てみようかな。