なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

【ファッション】新入社員のためのスーツ選び⑤~ワイシャツの選び方Part2~

前回書いたワイシャツについて書ききれなかったところをまとめてみました。

ビジネスで着用するにあたってこんな所を気をつけたら、ちょっといい感じになるよねって視点で、30代のスーツ好きなサラリーマンが書いています。

なので、ファッションに携わる人より近い距離で参考になる記事が書ければなと思っています。

ちなみに前回の記事はこちら↓

monmontana.hatenadiary.com

 

 

 

 

1.シャツの色は?

色つきのワイシャツってオシャレな感じがするけど…1年目で着用していいのかな…って新入社員の時は思いますよね。自分はめっちゃ思っていましたw

これについては業界と会社の風土と部署の雰囲気によります。

 

1-1.まずは白シャツ

まずは、研修期間+配属されて1ヶ月は白シャツにしましょう。

まあ、無難にってとこですかね。

その後は様子をみつつ、徐々に変えていきましょう。

 

ちなみに白シャツはベーシックなので30代になった今でも重宝してます。

(むしろ紺スーツに白シャツ着用で格好良く見えないならスーツやワイシャツのサイズや細部があっていないんじゃないかな?とも思います。)

 

スーツは割とシンプルイズベスト的なところがあるので白シャツを格好良く着れることを目指したいですね。

 

1-2.白シャツ以外は何色がオススメ?

白シャツの次にチャレンジしたいのはブルー系。

これは紺のスーツととても相性がいいので、取り入れやすいです。

ブルーもサックスブルー(薄い水色)のほうがあわせやすいので、白シャツ→サックスブルーの順番で挑戦するのがいいと思います。

 

経験上、それ以外の色は合わせるのが少し難しくなります。

なので、自分は次で説明する柄ものであっても白か青系をベースにしたワイシャツが多いです。

 

各国の首脳なんかも紺スーツにサックスブルーか白のワイシャツを合わせていることが多いので興味があったら参考にするといいと思います。

 

 

2.ワイシャツの柄について

ワイシャツの柄についても気になるところですよね。

これについてもシャツの色と同じで、業界と会社の風土と部署の雰囲気によります。

 

2-1.白ワイシャツの織り柄がオススメ 

先ほど、白ワイシャツがオススメといいましたが、白ワイシャツは白ワイシャツでも織り柄がはいっているのをオススメします。

織り柄とは「ドレスシャツの生地を織る時にできる柄のことで、それぞれに特徴があり、厚さや光沢なども折り方によって異なります。」

こんな感じのものですね↓

f:id:monmontana:20170403222413j:plain

f:id:monmontana:20170403224655j:plain

(ちょっと変わった四角柄に見える織り柄です)

ちなみに種類は色々あるんですが、そこら辺は好みで選んでいいと思いますよ。光沢感がありそうなものを選ぶといいと思います。

もちろん、ブルー系のワイシャツも同様に織り柄がはいっているものをオススメします。

 

2-2. 織り柄の次はストライプ

織り柄の次はストライプがオススメです。

ストライプは2色のみのもので、ロンドンストライプのストライプが細いものをオススメします。

ロンドンストライプは「同じ太さのストライプが等間隔に配列されているストライプ」です。

こんな感じのワイシャツ↓

f:id:monmontana:20170403223807j:plain

f:id:monmontana:20170403223850j:plain

ストライプを着用する場合は、ネクタイは柄なし無地か小紋柄などストライプ以外ににすると合わせやすいです。

 

 

3.ワイシャツの襟について

ワイシャツの襟はとても重要なんです。新入社員の時はワイシャツの襟型が色々あるなんて知りませんでした。

この襟がシャツのかっこよさを決めるといっても過言ではありません(あとシルエット)。

 

若い頃に、なんかかっこいいワイシャツ着用している人がいるなと思っても、何がかっこいいか分からなかったです。(イケメンが着ているからかっこいいぐらいに思ってましたw)

そのうち、襟型の違いかと気づいたんですが、店員さん何て伝えればいいかわからなくて…シャツをパターンオーダーしてようやく自分の欲しいシャツを手に入れることができました。

 

さて、本題に戻して。

襟の形をざっくりと説明していきます。

 

3-1.レギュラーカラー

最もスタンダードな襟型です。

この襟型を着用しておけば間違いないです。どんなジャケットでもネクタイでも組み合わせられますね。

ただ、夏のクールビズの時期などでノーネクタイにする場合は、しっかりと襟がたつもの(台襟が高いもの)でないと逆にだらしない印象を与えるので注意しましょう。

 

3-2.ワイドスプレッドカラー(ウインザーカラー)

襟の開きが100~120度前後の襟型。

これもレギュラーカラーと同様にビジネスシーンで選ばれている形です。

どんなジャケットでもネクタイでも似合うと思います。

個人的には一番オススメ。(自分もこの襟型のワイシャツを一番持っています。)

というのも新入社員の場合、最初から色々なシャツを買うほどの予算はないと思います。なので、ワイドカラーであれば夏のクールビズの時期でも着用できるのでオススメです。

ちなみにお店で着用するときはネクタイを締めた状態と外した状態両方で試着しましょう。台襟の高さがメーカーによって異なるので。

 

3-3.ホリゾンタルカラー(カッタウェイ)

シャツ襟の開きが最も大きいのがこの形(ホリゾンタルとは水平であるさまという意味らしいです)。

この襟型の特徴は、ノータイの時にかっこよくみえること。クールビズにはとてもオススメです。

もちろん、ネクタイ着用でも問題ありません。

ただ、かなり襟幅が広がるので細いネクタイで合わせるのはやめたほうがいいです。また、ノットも大きくしましょう。

 

3-4.ボタンダウン

襟の先端部分をボタンで留めているシャツ。

ボタンで留めるため、襟がたつのでノーネクタイとの相性は抜群です。

ただ、一方でフォーマルな場面ではNG的なところがあるので、あまりネクタイ着用ではオススメしません。(といっても実は自分もたまにネクタイ着用していますがw)

 

3-5.オススメの襟型

正直言うと、よほどスーツが好きな人でないとシャツの襟型で怒る上司なんていませんw(色や柄でとやかく言われることはあると思いますがw)

なので、使いやすさでオススメを。

ネクタイ着用でもノーネクタイでもいけるワイドカラーと次いでホリゾンタルカラーがオススメですかね。

特に最初はネクタイやスーツとの相性的なところもあるので、ワイドカラーがいいと思います。

ちなみに必ず買うときは試着しましょう。お店によってはワイシャツの襟の高さが違うので必ず数店まわってネクタイと着用とノーネクタイの2回で試着しましょう。

襟の高さでかっこよさは全然変わりますよ。

参考までに

ワイドカラー↓

 

f:id:monmontana:20170403225152j:plain

f:id:monmontana:20170403225234j:plain

 

ホリゾンタルカラー↓ 

f:id:monmontana:20170403224724j:plain

f:id:monmontana:20170403224812j:plain

 

4.ワイシャツの素材について

大きく分けると、綿、ポリエステル、麻もしくはそれらの混紡です。

素材についての説明はざっくり端折りますw

なぜなら、こだわらなければどれでもいいからです。(ただし、麻100%はカジュアル過ぎるので新入社員の時は控えましょう。) 

着心地がいいのは綿100%、安かったり、ノンアイロンのものはポリエステルが混紡されているもの。

最初から一人暮らしの人の場合はノンアイロンがオススメですかねっていう程度でしょうか。

ちなみに自分はポリエステルの肌触りが嫌なのと見た目の良さから、綿100%を着用しています。ただし、アイロンがけは面倒ですが・・・w

 

5.これは控えた方がいいと思うワイシャツ

完全に個人的にですが(あと知り合いの女性達の意見を参考にw)、2重襟になっていたり、装飾が付いていたりするものはオススメしません。

あとは、ボタンの色が派手だったり、糸が派手な色だったり…。

個人的にはスーツスタイルはシンプルが好きという理由もあるんですが、それ以外の大きな理由がありまして。

「スーツやネクタイと合わせるのが難しい」

です。

いや、これとても大切なんですが、色や柄が増えるほど難易度が上がっていくんですよ。しかも、その難易度をこなしたとしても大して女性受けがあがらないという悲しい事実(著者調べですw)

ということなので、ワイシャツもシンプルなものを心がけましょう。それが一番かっこいいですから。

 

6.オススメのお店は

あくまで自分が買って良かったところなので、身長が170センチぐらいで体重が60キロぐらいな背の高くない人をイメージしてもらえればです。

 

新入社員(ワイシャツ初心者)へのオススメは以下の2つ。

・スーツカンパニー

・麻布テーラー

です。

※あくまで自分と同じような体型の人で、まだ自分にぴったりのワイシャツが決まっていない人向けですよ。

 

6-1.スーツカンパニーのシャツ 

スーツカンパニーについては、多分4,000円前後でワイシャツを売っていると思いますが、自分はセールで半額くらいで買っていました。

(ただ、セールだと白がなかったりするので注意しましょう。)

タイトシルエットを選ぶと個人的には腹回りのだぼ付きがなくていいです。(肩周りは動きやすくはないですが)

また、シンプルなシャツの種類も多いので、オススメです。

ただし正直、定価の4,000円前後で買うのは高いかなって気がしています。 

 

6-2.麻布テーラーのオーダーシャツ

今も麻布テーラーのオーダーシャツを着用していますw

特にシャツフェアの2枚で16,000円の時期に購入しています(昨年ぐらいに値上げしちゃいましたね…)。

1枚7,000円からも作れるので試しに1枚作成するといいかもしれません。

着心地がめちゃくちゃいいですね。特に肩周りの動きやすさは段違いです。

また、前ポケットなしにできるところもオススメです。

オーダースーツと一緒で最初からベストなものは作れないのでご注意ください。オーダーシャツについては機会があれば詳しく記載したいと思います。

 

6-3.それ以外のシャツメーカーについて

・スーツカンパニー以外のスーツ量販店について

これについては、着用してみて自分の体に合えばいいと思います。もの凄くスーツカンパニーと差があるとも感じませんでした。

鎌倉シャツについて

体型が合う人にはオススメです。着心地もいいですし、使われている柄や素材もいいものです。貝ボタンですしね。ただ、自分にはタイトシルエットのほうでもダボ付きが結構あったので…。

・麻布のカスタムシャツ

麻布テーラーがオーダーではない普通の既成シャツを販売しているお店。鎌倉シャツと同様で品質の高いシャツ。ただし、もう少しサイズがタイトであったらなとw

サイズが合う人には鎌倉シャツ同様コストパフォーマンスが高いのでオススメです。

ユニクロのシャツ

自分は着用していないのですが、友人は着用していて問題ないと言っていました。最初はユニクロのシャツで数を集めて、徐々に他のシャツに切換えていくというのもいいかもしれませんね。

・ネットでの購入(カミチャニスタや土井縫工所など)

最初はオススメしません。自分のサイズ感がある程度はあくできるまでは控えておいた方がいいと思います。ただ、慣れてきたら個人的にはコストパフォーマンスがとても高いと思っています。

このあたりについてもまた機会をみつけて書きたいですね。

 

7.まとめ

いろいろと書いていたらとても長くなってしまいました…w

簡単にまとめると「織り柄の入った白いワイシャツ。襟はワイドスプレッドカラー。」その次はサックスブルーのシャツかロンドンストライプのシャツ。」って感じですかね。

最初はユニクロかスーツカンパニーなどの量販店のセールもので数を揃えましょう。(数は必要ですから)

その後、ちょっとずつ麻布テーラーでオーダーして、徐々に自分のジャストサイズを把握していき、ネットで購入などを検討するといいでしょう。もちろん、鎌倉シャツも試着してみるといいです。

ま、最初からあまり派手なのは控えたほうがいいかもしれませんね。むしろ、シンプルをきれいに着こなせたほうがかっこいいと思います。

 

※スーツについてはこちらから

monmontana.hatenadiary.com

 

何から何までかっこいい【映画感想】華麗なるギャツビー

 

これもずーっと観たかった映画でした。

でも、当時忙しくて映画館に行けなくて…早くNetflixで観られるようにならないかなと待ち焦がれていました。(ツタヤ行けよってのはおいといてw)

 

観れて本当に良かったです。期待以上でした。

 

以下、概要。

1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランド。宮殿のような豪邸に暮らし、素性も仕事も謎めいた大富豪のジェイ・ギャツビーは、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。そんなある日、ギャツビーは、隣人の青年ニックに自らの生い立ちを語り始めるが、あまりにできすぎた物語に、ニックはギャツビーが何か隠し事をしていると直感する。やがてギャツビーは上流階級の令嬢デイジーに心ひかれていくが……。(映画.comより)

 

もともと観たかった理由としては、スーツとかのファッションがとても評価されてたというのが大きいです。(確か、ブルックスブラザーズが提供。)

実際観てみると…いや、カッコイイんですよ。まあ、そりゃ俳優さんがかっこいいってのももちろんあるんですが、スーツからジャケ姿までかっこよかったですね〜。

(アメトラって言うんでしょうが、ファッション専門家じゃないので細かいことは置いときます笑

ただ、ディカプリオ演じるギャツビーの服装はさすがに参考になりませんが…だって、ピンクの麻スーツとか似合わないですからw

でも、スリーピースはかっこよかったなぁ。渋かったなぁ。

 

もちろん、ストーリーも良かったです。というかストーリー期待してなかったんですが、めっちゃ良かったですw

 

まあ、ネタバレしても楽しめる映画なので、以下つらつらとネタバレもちょっとしちゃいますが、書いていきます。

 

 

いやー、すべてが一人の女性のためにっていうのがかっこいいじゃないですか。

恐らくこれって完全に男の視点で描かれた映画だなって気がしますね。

女性でも共感できるのかな?気になります。

 

好きな女性のために、無一文から金持ちになる。しかも、金持ちになってもずっと同じ好きな女性のことを考えている。

まあ、もちろん一歩間違えればストーカー的な感じですが、ただそのレベル感が全然違うので、かっこいいんですけどね。

そして、それに対する女性の対応なんかも実によく分かるなってw

スケールの大きい恋愛ものって感じかな。

 

また、音楽も良かったです。

あえてその時代の音楽を使わず、現代の音楽を使うことで、新しい感じを受けたし、衣装や装飾の華やかさとマッチしてました。

 

ディカプリオの演技も文句なしだし、他の俳優陣も素晴らしかったです。

 

いや~、ほっこりしました。【映画感想】海街diary

 

評判の良さは聞いていて、しっかり観たいなと思っていて、なかなか時間と観る気力(観たい映画観る時って心の準備が欲しいタイプなんですw)が作れずに、伸ばし伸ばしになっていた作品。

ようやくNetflixで観ました。

 

いや-、やっぱりいい映画でした。

 

トーリーはこんな感じ。

鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新たな生活を始める。(映画.comより引用)

 

特にこれといったどんでん返しが起こるといったわけでもなく、物語はたんたんと進んでいきます。

 

でも、たんたんと進んでいく中に多かれ少なかれ登場人物たちの「悩み」が描かれている。

けれど、この映画の良さはそういったところよりも美しさにあるのかなと。

いや、出演している女性達のことを言っているわけではないですよw(そりゃ、もちろん美しいですけどw)

出てくる人達のひたむきな美しさと鎌倉の美しい景色が描かれていて、それらを合わせて綺麗な空気感生み出している。

その空気感が観終わったあとにものすごく心を洗ってくれる。

そんな感じの映画でしょうか?

 

もちろん、この映画の素晴らしさはこの豪華出演者あってでしょうけど。

長女が綾瀬はるか、次女が長澤まさみ、三女が夏帆、四女が広瀬すず…そりゃ、いい映画になりますわ…っていうかこんな姉妹がいたらお近づきになりたいですw

その上、樹木希林やら大竹しのぶやら堤真一やらが脇をがっしり固めているという豪華さ…まあ、この俳優さん達を上手に演出している監督さんも凄いけどねw

是枝監督の作品はこれがはじめてなので、他の作品も観たいな。

 

ちなみに広瀬すずが出演している映画ははじめて観たけど、いい演技しますね。

可愛いだけの女の子かと思ったら、演技も自然で良かったです。他の作品もみてみたくなりました。

 

日本映画らしい世界観で描かれている、いい映画です。観たあとは心がスッキリして、前向きに生きようと思わせてくれます。

3月に観た映画ランキング

いよいよ新年度ですね~。

とまあ、新年度開始と特に関係ないのですが、3月に観た良かった映画をまとめようかと。

ランキングを書きつつ、思い出そうかなと。

3月にブログに感想を書いた映画は15作品。

全てをブログに書いている訳じゃないので、社会人なのに結構映画観てるなあ・・・。

 

さて、話を元に戻して、ベスト3でいきたいと思います。

 

 

第3位は・・・

 

 

ゴーン・ベイビー・ゴーン」です。

monmontana.hatenadiary.com

第3位はかなり悩みました・・・。

これを選んだ決め手は、どんでん返しにつぐどんでん返しが面白かったところですね。

やっぱり、展開が2転3転する映画は面白い。

結構、最後の展開は賛否両論あるみたいですが、ラストの選択をあっちにしたところも個人的には選んだ理由ですね。

必ずしもいい映画が、ハッピーエンディングってわけではないですからね。とちょっとあまのじゃく的な理由ですがw

個人的にはどっちの決断が良かったかどうかは、決断した段階じゃ分からないと思いますけどね。結局決断した”後”をどう生きるかですから。

まだ、観たことない人は是非観てください。

とてもオススメです。

 

さて、続きまして。

 

 

 

 

第2位は・・・

 

 

 

 

レヴェナント:蘇えりし者」です。

monmontana.hatenadiary.com

第2位はこちら。

これはアマゾンプライムでセール価格?になっていたので、視聴したのですが(元々観たかったってのもありましたが)、良かったですね。

感想にも書きましたが、ディカプリオの演技が凄すぎます。もう圧巻でしたね。

もちろん演技も骨太ですが、ストーリーも骨太ないい映画です。

 

さてさて、

 

 

 

 

第1位は・・・

 

 

 

ラ・ラ・ランド」です。

monmontana.hatenadiary.com

久しぶりに映画館に足を運びましたが、いい映画でした。

ミュージカル系の映画を観たのもはじめてということもあったのですが、オープニングからいきなりひきこまれましたよ。

主演二人の演技も良かったですしね。

もちろん、ミュージカル系映画だからといって、ミュージカルだけがいいわけではなく、ストーリーもいいです。

この映画もラストは賛否両論があるみたいですが、個人的にはあのラストは悪くないと思っていますよ。(あまのじゃくなんですかねw)

映画館まで足を運んだって言うのもあって1位に選んだところもありますが、そうじゃなくてもやっぱり1位に選んだかな。

まだ、この映画は映画館で観ることをオススメします。(多分まだ映画館でやっていると思うので)

 

新年度も観られる限り、映画を観ていけるといいなと思ってます。

 

ちなみに2月の映画ランキングはこちら↓

monmontana.hatenadiary.com

うーん…【映画感想】トランスポーターイグニション

 

 Netflixでみた映画。

トランスポーターシリーズは好きで、ジェイソン・ステイサムのトランスポーターとドラマシリーズも全部見てたんですが、これは見てなかったので見ることに。

 

トランスポーターシリーズらしく、スマートで強いドライバーが悪者をやっつけるという話。

まあ、本当にそれだけなんですがw

ただ、そこがいいんですけどね。

 

シリーズ的にはジェイソン・ステイサムとクリス・ヴァンスのほうが好きですが、今回のシリーズの面白いところは親父さんの活躍ですね。

むしろ主役並みに活躍してたようなw

 

トーリー的には正直いうと結構微妙でしたが…というかまあ特に「おぉ」ってなることもなく、さらーっと流れていく感じでした。

 

まあ、トランスポーターのスタイリッシュで格闘して、ドライビングの凄さっていうのは健在ですから(格闘については他より劣るかなw)、そこが観たい人は悪くないと思いますよw

友情・努力・勝利【映画感想】バクマン。

 

バクマン。

バクマン。

 

 Netflixで観た映画。

なんとなーく邦画が見たくなったので探していたところ…日本映画ってホラーとか暗い映画が多いのか、いまいち観たいってのがなかったんですが…Netflixで高評価だったので観ることに。

ちょっと気分転換に軽くて明るい映画を観たいなと思っていたのでちょうど良かったです。

 

最初は、全然期待してなかったのですが(漫画だと原作がいいものほど映画化すると微妙…みたいな気があったので)、惹き込まれましたね。

というか、ジャンプっ子だったこともあり、懐かし心に響きまくりましたw

 

マンガ大好きなので(最近読めてないけど)、もちろん原作も途中までは読んでました。

ただ、逆に最後まで読んでいなかったので、ラストどうなるのかなー?的な感じがあったのも映画を楽しく見れた一因でもあると思います。

 

割と原作を端折ってる感じでしたが、そこも面白い部分だけを凝縮している感じでしたね(凝縮しながらただの早送りじゃないところが凄いなってとこなんですが)。

正直、個人的には原作通りにつくる映画って好きじゃないんですよ。

漫画だけでなく小説でもそうですが、圧倒的に原作のほうが出来が素晴らしいと思っているので、原作と同じなら原作読みたいなって。

映画の短い時間の枠の中で、きれいにまとまっており、いい意味で詰め込み過ぎてないところがとても良かったなぁ。

 

出演陣も豪華でしたね。

個人的には主役の二人はもちろんのこと、山田孝之リリー・フランキーが素晴らしかったです。

というかこの二人が出てる映画は大体面白い。

特に山田孝之は演技の幅が広くて、本当に凄い。

これだけ他にもたくさんいい役者さんを使っているのに、それを少ししか使わない監督もまたすごいですがw

 

ヒロインの小松菜奈さんも初めて観ましたが、自然な感じでよかったです。

(スコセッシの「沈黙」に出てるみたいで…驚きました)

 

エンディングのアジカンの「宝島」もいい曲だし。

ジャンプといえば「友情」「努力」「勝利」だよなっていうのを思い出させてくれる懐かしい映画でしたね。

クールだけど、どこか人間らしい。【映画感想】リンカーン弁護士

 

こちらもNetflixで観ました。もーNetflix様々ですね。

 

実は題名からして全然期待していなかったんですが、意外と面白かったですw

ちなみにこのリンカーン弁護士っていう題名、乗っている車のリンカーンからきていたんですね。てっきり、大統領のリンカーンと何か関係があるんじゃないかなって思ってました(しかも、最後まで気づかずにw)。

 

さて、この映画、題名からして「弁護士」ってはいっていることから分かるように、法廷サスペンスもの。

結構、弁護士用語や知識みたいなのがストーリーの重要なところで絡んでくるんですが、ドラマの「SUITS」が大好きな自分的には結構中身がすんなり入ってきました。司法取引の話とか守秘義務の話とかね。(一部難しくて分からないところもあったけどw)

なんだかんだで、映画とかドラマとか観ることで知識って入るものなんですね。(司法取引の知識とかどこで使うんだってのはおいといてw)

 

内容はもちろんのこと、マシュー・マコノヒー演じるミック・ハラーがかっこいいんですよ。

弁護士らしいスマートさっていうところよりも、人間らしさというか人間くささがいいなって。

最初は「お金のために」的な弁護士として描かれているんですが、徐々に葛藤と共に「法」や「正義」のためにと動き出すところがとてもいいんです。それがあってのラストもいいんですがw

ちなみにマシュー・マコノヒーは名前は聞いたことはあったけど、実際に彼の出演している映画で観たのはインター・ステラーがはじめてでした。ただ、今回の作品もいい演技してますね。(調べたら、ウルフ・オブ・ウォールストリートのディカプリオの上司役で出演していたんですね。全然気づかなかったけど、キャラとしては印象にのこっているからさすがですねw)

 

あと、音楽がいいんですよ。法廷サスペンスにヒップホップを流すところとかセンス抜群です。しかも流れるヒップホップもかっこいいんです。(ギャング・スターのMoment Of Truth思わず買っちゃいましたw)

 

トーリーといい、音楽といい、マシュー・マコノヒーといい渋いけど、クールないい映画です。コーヒー飲みながらじっくり観るのをオススメします。

 

今度はマシュー・マコノヒー繋がりで、「ダラス・バイヤーズクラブ」でも観てみようかな。