なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

ブラピの演技が面白い。【映画感想】ウォーマシーン


f:id:monmontana:20170719214040j:image

こちらもNetflixで観た映画。というより、Netflix限定配信みたいですね。

いやー、Netflix限定配信にブラピが出演するというのに驚きました…恐るべしNetflixですね。

 

ブラッド・ピットの映画製作会社プランBとNetflixの共同製作映画で、ピット自ら製作・主演を務めた戦争ドラマ。「アニマル・キングダム」のデビッド・ミショッドが監督・脚本を担当し、実在の将軍スタンリー・マクリスタルを取材したマイケル・ヘイスティングスのノンフィクションを原作に、風刺やブラックユーモアを散りばめながら大胆に脚色。ひとりの将軍の栄光と衰退を通し、軍事力だけでは解決できない現代の戦争の裏側を描き出す。アフガニスタン駐留米軍司令官に任命された生粋の軍人グレン・マクマホン陸軍大将は、泥沼化する戦争に終止符を打つべく意気揚々と戦地に乗り込む。しかし、ジャーナリストや政治家たちの様々な思惑に振り回されるうちに、事態は混迷を極めていく。揚げ足ばかりとろうとするジャーナリスト役をティルダ・スウィントン、食わせ物のアフガニスタン大統領役をベン・キングズレーがそれぞれ演じる。(映画.comから引用)

 

そこそこ楽しめましたね。

まあ、一番印象に残ったのはやっぱり良くも悪くもブラピでした。

ブラピの演技というと、風来坊みたいなキャラクターの印象が強いんですが(ファイトクラブオーシャンズの影響ですかね)、今回はちょっと違う感じでしたね。

最初、本当にブラピなのかなというぐらい癖のある演技でした。

まあ、その演技がうまいのかどうなのかは分かりませんが、個人的には新たなブラピ感があったので面白かったです。

 

内容もなかなか面白い感じで、ドンパチする戦争映画というよりも、コミカルに描きながらも戦争の裏舞台を描いた感じかなと。

風刺も聞いていてとても良かったですけどね。

 

「何のためにやるのか?」というところが、実は他人のためにといいながら、自分のエゴや名声のためという…なんかどこの職場でもあるあるな気が…笑

○○のためにという大義名分でやるというありがた迷惑な話…。

まあ、お客さんが判断してくれる営業とかだといいんですけどね…。

といいつつも、仕事って少なからず自分のために仕事しているところもあるので(当然といえば当然ですが)、結局のところ成果とアプローチの方法の問題なんでしょうけど。

といったことを勝手に考えさせられましたw

 

まあ、映画館でお金をはらってみたいとは思いませんが、Netflixではいいのかなーと。

そんな感じの映画でした。

オススメです。【ファッション】GUNZE インナーシャツ

前の記事でインナーについて記載していたんですが、そのときにグンゼのインナーが良さそうです的なことを書いていましたが………。

 

早速、買ってみましたw

 

購入したのは↓こちら。

結論から言うととてもいいです!

普段はユニクロのエアリズムの肌色を愛用していたんですが、すっかり乗り換えてしまいました笑

 

何がいいかと言うと…

 

  1. 肌触りがいい
  2. 袖の短さがいい
  3. 厚さがちょうどいい

 

からなんです。 

 

1.肌触りがいい

これについては個人差があると思いますが、個人的にはさらっと着られるけど、綿みたいな肌触りがいい好きですね。

 

2.袖の短さについて

これがもっともオススメなポイントです。まあ、長袖シャツを着れば関係ないのですが、夏はクールビズに便乗してポロシャツ派の私としてはとてもありがたい!

ユニクロのエアリズムだと油断するとポロシャツの袖から袖が見えちゃうんですよね…。

前々から嫌だなーと思っていたんですが、グンゼのこのインナーなら袖が短いので全く気にする必要はありません。

また、カジュアル時のTシャツの下に着用しても袖が出ないのでとってもいいです!

 

3.厚さがちょうどいい

これ、生地の厚さがちょうどいいんですよ。

もちろんユニクロのエアリズムもいいんですけどポロシャツの下に着用した時に乳首が透けるケースがあるんですよね…特に白系…。

おじさんにとっては大変恥ずかしいですよね笑

でも、これだとある程度暑さがあるから乳首が浮き出ないんです。

これがとても重要かなと。

 

4.まとめ

上記の理由でシャツのインナーだけでなく、ポロシャツやTシャツのインナーとしても使えるのでとってもオススメです。

もちろん、色はベージュがベストですね。

セールの時とかは、エアリズムよりも価格的にもお得になるので断然オススメかなと思いますよ〜。

大味な映画でしたw【映画感想】ピクセル

 

ピクセル (字幕版)

ピクセル (字幕版)

 

こちらもNetflixで観た映画。

この映画の凄いところは、よくこんなシナリオ思いついたなとw

さすがアメリカ映画って感じですね。

 

あらすじはこちら。

人気ゲームのキャラクターに変身して侵略してきた宇宙人に対し、地球の危機を救うためゲームオタクたちが立ち上がる姿を描いた異色のディザスターパニック映画。監督は「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバスパックマンドンキーコングギャラガスペースインベーダーなど、日本生まれのゲームキャラクターも多数登場する。30数年前、宇宙人との交流を夢見てNASAが宇宙に向けて発信した映像の中には、当時大流行していたゲームの映像が含まれていた。ところが、その映像を受信した宇宙人が、友好のメッセージではなく挑戦状だと勘違い。地球が発信したゲームのキャラクターに扮して、現代の地球を侵略してくる。触れたものを全てピクセル化してしまう能力をもった宇宙人にアメリカ軍も歯が立たず、人類は危機に陥るが、ゲームオタクたちが宇宙人の弱点を見抜く。(映画.com)

コメディ映画ですね。

トーリー的にはいたって簡単で、宇宙人が攻めてくるのをゲームオタクがたちが立ち向かうという…。

まあ、何がすごいって冒頭にも書きましたがこの発想力。

昔のゲームのキャラクターに扮した宇宙人が攻めてくるんですが、よくもまあ思いついたものですよねw

そしてそれを実現するCGが面白い。

正直、それ以上は特に面白いっていう部分はないのですが…w

 

あと見どころと言えばレディリサを演じているアシュレイベンソンっていう女優さんが可愛かったですね。

 

まあ、大味なコメディ映画感じですかね。

何かをしながらのながら見であればオススメできますよ〜。

【ファッション】新入社員のためのスーツ選び11〜まとめ〜

前回は靴下とインナーについて記載しました。

monmontana.hatenadiary.com

 

 

今回はまとめです。

いやー、軽はずみな気持ちで書いたら全部で11回分になりました。

でも、書いてて楽しかったですね。

なんだかんだ、ファッションが好きなんだなぁと改めて思いました。

 

書いてきたことも「別にお金もない、ちょっとスーツ好きな隣の席にいる30代のサラリーマン」の一意見と思ってもらえれば幸いです。

 

 さて、最後に(ブログじゃなくて、このシリーズですよ)まとめを書こうと思ったのですが、意外と書くことないなとw

個別なものについては、各記事を呼んでもらえればいいので…。

ということで、自分が書いたもののトータルコストを書いていこうかなと思います。

 

 

 

1.トータルコスト 

ちょっと以下の表にまとめてみました。

種類 ブランド 単価(円) 合計(円)
スーツ スーツカンパニー 30,000 2着 60,000
シャツ スーツカンパニー 4,000 7着 28,000
ネクタイ カミチャニスタ 5,000 3本 15,000
ベルト ユニクロ 3,000 1本 3,000
革靴(本革) リーガル 30,000 2足 60,000
革靴(合皮) 青山など 5,000 1足 8,000
インナー ユニクロ 800 7枚 5,600
靴下 ユニクロ 500 7足 3,500
        183,100

 

いや・・・18万3千円って・・・。

結構最低限かなと思って書いたんですが、 大分高かったですね・・・これぐらいが適正なのかな?分からなくなってきました。

まぁ、社会人になれば最初は税金もひかれないし、大丈夫でしょう!!

と、さすがに新入社員にこれだけ出せとは言えないので、お得な?買い方もまとめてみました。

 

2.トータルコスト(お得版)

ということで、お得な?買い方もまとめてみました。

種類 ブランド ②合計(円) お得に買う!
スーツ スーツカンパニー 2着 50,000 2着で1万円引きのセールを活用
シャツ スーツカンパニー 7着 21,000 セールなら1着3,000円ぐらいで購入できる?
ネクタイ 量販店 3本 9,000 量販店で3,000円ぐらいで購入可能
ベルト ユニクロ 1本 3,000 ベルトはユニクロが一番安い?
革靴(本革) リーガル 2足 30,000 セールかアウトレットで半額ほどで売ってる?
革靴(合皮) ネットなど 1足 4,000 ネットで買えばこれぐらいの値段でも・・・
インナー ユニクロ 7枚 5,600 これは余り変わらないかな??
靴下 ユニクロ 7足 3,500 これは余り変わらないかな??
      126,100  

 

ということで、12万6千円ぐらいになりました。(価格はうろ覚えなので、間違ってても怒らないでくださいw)

ポイントはセールで購入すること。これに尽きますw

特に夏と冬それぞれでセールがあるのでこまめにHPをチェックするか、メールを登録するといいと思います。といっても出社日に間に合わないと意味ないので、セールのタイミングで購入できるといいですけどね。

この中で、一番安く買えるのはネクタイですかね。最初は安いのから徐々に変えていくといいと思います。

といっても12万円ほど・・・やっぱりビジネス服はお金がかかるなと改めて思ってしまいましたw

 

3.まとめ

やっぱりビジネス服は高かったですね。

でも、最初に一通りそろえてしまえば、その後に夏と冬のボーナス&セールでスーツやらシャツやらネクタイやらを徐々にそろえていくといいと思います。

それが、ある意味楽しみになりますし、そのために仕事も頑張れるでしょうw

 

 

※スーツについての記事はこちら↓

monmontana.hatenadiary.com

とにかく可愛い。【映画感想】スーサイド・スクワッド

 

 Netflixで配信されていたので、早速見ることに。

一時話題になっていましたもんね。

(観てから、感想を書くのが大分遅くなってしまいましたが…。)

 

あらすじは以下。

バットマン」や「スーパーマン」などと同じDCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで戦う姿を描くアクション作品。バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄され、死刑や終身刑となった悪党たちが、減刑と引き換えに「スーサイド・スクワッド(自殺部隊)」の結成を強制され、危険なミッションに挑む。ウィル・スミスや「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のマーゴット・ロビー、「ロボコップ」のジョエル・キナマンら豪華キャストが共演。バットマン最大の宿敵として知られ、これまでにジャック・ニコルソンヒース・レジャーが演じてきたジョーカーを、「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー賞を受賞したジャレッド・レトが新たに演じる。監督は「フューリー」のデビッド・エアー。(映画.com)

 

いいですね、もうザ・アメコミ映画って感じです。

簡単に言うと、悪いやつを組織して悪いやつを倒そうっていうストーリー。

 

見どころはマーゴット・ロビー演じる「ハーレイ・クイン」。

いやー、素晴らしいですね。

キャラは立ってるし、スタイルいいし、可愛いしで「ハーレイ・クイン」のための映画と言っても過言ではないと思います。

ウルフ・オブ・ウォールストリートでもヒロイン役で出ていて、美人な俳優さんだなと思っていましたが、今回ではがらっと役柄を変えて演じていましたね。

何より武器がバットなのに強かったなw

 

もちろん、ハーレイ・クインの恋人であるジョーカーも良かったです。でも個人的にはもうちょっと出番が見たかったな。

ジョーカーと言えば、ノーラン版のバットマンでのヒース・レジャージョーカーが印象的過ぎてどうかなと思ったのですが、さすがそこはダラス・バイヤーズクラブでの助演男優賞を受賞したジャレット・レト。

スーサイド・スクワッドらしい、ジョーカーで良かったです。

 

ちなみにデビット・エアー監督の作品は三作目ですね。フューリーとエンド・オブ・ウォッチは観たので、今度はトレーニング・デイが観たいなーと。

 

まあ、全体的にもう少し他のキャラがたってると良かったなとも思いますが、アメコミ映画として見れば十分楽しめる内容でした。

【読書録】ブロックチェーン革命~分散型自律型社会の出現

 

 

ちょっと仕事が忙しくて、だいぶ間があいてしまいました。

 

最近、よく聞くブロックチェーン

たまたまこの前、友人と飲んでいた際にブロックチェーンの話が出たので、ちょっと勉強しようかなと思って読んだ本。

しかも野口由起雄氏が本をかいているということで早速読むことに。

 

ブロックチェーンとは「公開された台帳で取引などの記録を行う仕組みである。従来型の情報システムと比べると、①記録が公開されること、②分散的な仕組みで運営され、管理者が存在しないこと、③そのため、運営コストが低く、システムがダウンしないこと、④事業体である組織を信頼する必要がないこと、という特徴がある。」ということらしい。

ブロックチェーンがなぜ上記のような特性を持てるのかの説明もあったのですが、正直文系脳の私には理解が難しかったですw)

 

この4点が大切な点であり、それ以降にブロックチェーンシステムを利用した展開が記載されている。

 

 

特に、金融や行政の観点ではブロックチェーンの技術を元に応用を実現できれば社会の発展にとても繋がると考えられる。

特に「インターネットで情報は送れるが、経済的価値は送れない」というのはなるほどなと思いました。

自分は結構海外旅行に行くのですが、クレジットカードがあるので基本的にはそれほど「お金(資金じゃないですよw)で困る」といったことはないなと。

でも、それはクレジットカード会社に各店舗が手数料を支払っているわけで、もし手数料が安ければもっと色々な会社がサービスを提供できるかも知れないなど。

 

また、ビットコインも一時期報道でビットコイン自体が破産したかのような報道がありましたが、最近ビットコインが高騰しているニュースなどをやっていてどういうことなんだろう?と思っていたんですがそのようなことも書かれていました。

 

特に金融機関が既得権益的な部分がありますが、これを打破できるのではないか。逆に言えば、金融機関もうまくブロックチェーンを利用すれば顧客から選ばれるサービスをつくれるチャンスでもあるんですがね。

まあ、記載の通り特に金融機関の高収入についてはそれがただしい対価なのかという疑問もありますしね。

 

他にも色々あったが、特に面白いなと感じたところは「ITによって世界はフラット化したのか?」というところ。

確かに記載されているとおり、実際は主役が交代しただけで、経済の支配しているのは大組織であるなと。

ITのおかげで、小さい企業が大企業になったというのはあるけれど、小さい企業のまま経済の主役であるような状況ではないなと。

ブロックチェーンがうまく使われれば、商店街の活性化や地域活性化に繋がるのではないかなと。

 

まあ、そんなことを考えながら読めました。事例も豊富で大まかな概要は掴めたかなと。

うまい方向に流れが進んで世の中を変えるシステムになるといいですね。

 

仕事ですぐに使えるところではないですが、知識として勉強になりました。

豪華俳優陣。【映画感想】怒り

 

怒り Blu-ray 豪華版

怒り Blu-ray 豪華版

 

こちらもTSUTAYAで借りた映画。

これも話題になっていて映画館で観たいなぁと思いながら時間がたってしまい観れなかった映画。

 

以下、あらすじ。

吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來松山ケンイチ広瀬すず綾野剛宮崎あおい妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。(映画.comより引用)

 

んー、面白いというよりも凄い映画でした。でも、どこか絶賛できずに引っかかるなぁとも思える映画でした。

 

ちょっとあらすじを整理すると、この映画は3つの場所で同時に話が進んでいきます。

 

1つは千葉の漁港でのストーリー。

登場人物は渡辺謙松山ケンイチ宮崎あおい

2つめは東京でのストーリー。

綾野剛妻夫木聡

3つめは沖縄でのストーリー。

森山未來広瀬すず

 

この映画の凄いところは、それぞれのストーリーが全く独立しており、かつ一つ一つがしっかりとした内容でありながら、誰かが殺人犯だというところで繋がっているという。

それを観てる側が混乱しないようにうまく誘導しているなと。

 

そして、何より豪華俳優人がすごいです…というかこの俳優人だったらこのおもしろさも納得だなと(もちろん、原作・監督も凄いんですよ)。

中でも一番すごいのは広瀬すずでした。

他の俳優陣ももちろん凄いんだけど、なんというか元々凄い俳優と知っているから、これだけの演技をして納得みたいなところがあるんです。

けれど、広瀬すずは自分の中でもどこか元々アイドル?モデル?みたいな印象もありまして、演技ってそんなにうまくないんじゃないかなと思っていたんです。

でも、「海街ダイアリー」といい、今回の「怒り」といい結構いい演技するんだなと。

今後が楽しみ女優さんですよね。

 

とても素晴らしい映画なんですが、個人的にはちょっと途中から入りれなかったですね。

多分、誰が犯人なんだろうと考えてしまったからなのかなあ。

米軍がらみの話とかちょっと入り込めなかったなと。

 

でも総じて、いい映画でした。

日本映画でいい!っていうのはなかなかないですが、とても良かったですよ。

観てないない人にはお勧めです。