読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

【ファッション】新入社員のためのスーツ選び③~スーツ編Part2~

前回はスーツについて書きましたが、今回はスーツのより細かいところについて書こうかなと思います。

(1週間おきぐらいに書いていこうかなと思ってましたが、旅行にいっていたこともありかなり空いてしまいました・・・。)

 

こちらが前回のスーツ選びについて↓

monmontana.hatenadiary.com

 

スーツの全体像についてはこちら↓

monmontana.hatenadiary.com

 

今回は前回書ききれなかった、スーツの細かい知識について書いていこうかなと思います。

といっても専門家でもアパレル関係でもないので、細かい知識は書けませんw

とりあえず、自分が新入社員(というか3年目ぐらいまで)の時にまったく知らなかった知識で、かつスーツ買うときに困らない程度の内容を書いていければなと思っています。 (なのでそもそもの由来とかはがっつりはしょる予定ですw)

 

 

1.ベントについて

さて、最初はベントについて。これは新入社員の時は気にも留めていなかったです。

というか、多分30代でも結構スーツやジャケットが好きな人かオーダースーツを購入したことある人ぐらいしか気にしていないんじゃないかなと思います。

ベントとはジャケットの後ろの裾についている切れ込みのことをいいます。

これが大きく分けて3種類あります。

・センターベント

・ダブルベンツ

・ノーベント

それぞれ簡単に説明してきます。

 

1-1.センターベント

センターベントは下の写真の通り、真ん中にひとつ切れ込みが入っているものになります。

個人的には軽快な印象なので、フレッシュさを出すにはいいかなと思います。

ビジネススーツにはよく使われており、スーツカンパニーなどのスーツ量販店の多くはセンターベントだったと思います。

f:id:monmontana:20170322000327j:plain

※写真は全部スーツじゃなくてジャケットです。ちょっと色的に分かりにくかったので。

 

1-2.ダブルベンツ

ダブルベンツは下の写真の通り、両サイドに切れ込みが入っているものになります。

個人的にはエレガントな印象で、威厳や風格を出すにはいいかなと思います。

もちろん、ビジネスによく使われおり、ビームスやアローズなどのセレクトショップの上位ラインのスーツやジャケットはダブルベンツが多い印象です。

 f:id:monmontana:20170322000346j:plain

写真撮るのが下手ですみません・・・一応サイドベンツですw

 

1-3.ノーベント

ノーベントは全く切れ込みが入っていないものです。

(自分の手持ちのスーツやジャケットを探しましたが持っていませんでした・・・)

機能性を求めないものであることから、もっともフォーマルなデザインになります。

タキシードや結婚式用の礼服などはノーベントです。

(そろそろ、礼服買わなきゃいけないなと思って反省してますw)

 

1-4.おススメは?

はっきり言うと、ビジネススーツで着用するならセンターベントとダブルベンツならどちらでも構いません。(というかスーツ好きな人じゃない限り気づきませんw)

ただ、気づかれなくても相手に無意識に与える印象には差があります。

個人的には20代のうちはセンターベントでフレッシュさを前面に出して、30代前後でスーツやジャケットに興味を持てるのであれば、ダブルベンツのスーツを徐々に増やしていくのでいいのではないかなと思います。

ちなみに自分は上司でもないので、結婚式でもダブルベンツのちょっと光沢のあるネイビースーツで乗り切っていますw

 

 

2.袖のボタンについて

袖のボタンについて。

これは本切羽とあきみせがあります。

これも、新入社員のときなんて気にもとめていませんでした・・・というかどちらかを選べるような スーツを購入していなかったのでw

この二つの説明も簡単に。

 

2-1.本切羽

本切羽とは写真の通り、「スーツの袖がボタンによって開けたり、閉じたりができる仕様」です。

メリットとしては「ボタンを一つあけたりしておしゃれ感を出せること」ですかね。袖をまくれるといったこともありますが、ビジネスシーンでジャケットの袖ごとまくるのはあり得ないのでw

デメリットしては袖の長さを変えられないことです。まぁ、体のサイズに合っていれば問題ないんですがね。

ただ、既製品で既に本切羽になっているスーツなんかで、袖が合わない場合はかなり微妙になります・・・。(よく百貨店などでは、後付けで本切羽かあきみせか選べるように販売時点では袖の部分はボタンなどがついていません。)

前回も書きましたが、袖丈の長さが適切かどうかはとても大切なので。

f:id:monmontana:20170322000511j:plain

 

2-2.あきみせ

あきみせは写真の通り「一見ボタンがついていて、開くように見えるけど、開けられない飾りのようなもの」です。

メリットは「袖の長さが変えられる」ということ。(ものによってはボタンのあとが残るので注意してください。) 

あとは、本切羽よりもあきみせにするほうが安いといったことですかね。

f:id:monmontana:20170322000546j:plain

※写真を見比べていただいて分かると思いますが、本当に気づく人じゃないと気づきませんw

 

2-3.おススメは?

正直、これも本当に好みです。というか、ベント以上に気づく人がいないと思いますw

個人的には袖の長さが変えられないのと、ビジネスシーンでスーツのボタンを外す機会なんてほぼありえないので、本切羽よりもあきみせがいいかなと思います(安いですしw)。

自分も最初のころは「高いスーツだし、本切羽にしたい」と思って本切羽にしていましたが、今は完全にあきみせ派ですw

ジャケパンOKな職場ならジャケットをあきみせにするのはありかなと思いますが。

これについては見た目よりも完全に自己満足の世界ですね。

 

ただし、前回おススメしたスーツカンパニーなんかは既製で本切羽なので、袖丈をあまり短くできません・・・なのでそこは店員さんとよく相談して、極端に袖があわなかったりしたらオーダースーツか違うお店をおススメします。 

スーツカンパニーも袖の直しを選べるようになるといいんですけどね。

 

 

3.スーツのボタンについて

ボタンの種類は基本的には2つボタン、3つボタン、段返り3つボタンがあります。この辺はスーツの流行に影響されるみたいですね。

ちなみに最近は2つボタンか段返りの3つボタンが一般的だと思います。(3つボタンのスーツはちょっとクラシックな感じがするの避けといた方がいいかと思います。)

このあたりは個人の好みだと思います。あとは販売店の傾向ですかね。

ちなみに自分は最近、段返りの3つボタン ばかりです。

f:id:monmontana:20170322000825j:plain

※段返りは真ん中のボタンだけ、2つボタンは上のボタンだけとめます。間違っても全部とめないように。

 

 

4.パンツ裾の仕上げについて

パンツの裾にはシングルとダブルがあります。これはスーツを購入すると店員さんによく聞かれますね。

最初はとても迷った経験があります・・・。

 

4-1.シングル

シングルはそのまま、折り返しのない形です。

礼服と呼ばれるものは必ずシングルらしいです(自分もっていないので伝聞ですw)。

 

4-2.ダブル

ダブルは写真の通り、折り返してあります。

ダブルの場合は幅を指定しないといけないのですが、4.5cm~3.5cmの間が一般的ですね。

ちなみに自分は身長が高くないので4cmでお願いしています。

ここら辺は、店員さんと相談してみましょう。

 

4-3.おススメは?

一般的にはシングルの人が多いです。なので、新入社員のときは無難にシングルでもいいかなと思います。

ただ、セレクトショップや百貨店の方はダブルが多いので、ちょっと、スーツに気を使っているって感じが出るのはダブルかもしれませんね。

 

 

5.タック(プリーツ)について

タック(プリーツ)とは、パンツの前にあるヒダのことです。

今はクラシック回帰に向かっているらしく、最近は徐々にスーツやパンツなんかもワンプリーツが増えてきています。(もちろん細身ですよ。)

ただ、新入社員や若手の方々の場合はノープリーツを買っておけば間違いないです。

 

ちなみに余談ですが、自分のイメージ的にはワンプリーツはおじさんっぽいみたいなところがあったんですが、買ってみたらなかなか良かったです。もちろん、シルエットは細身のものですよ。

まぁ、今期はワンプリーツのスーツばかりだったってこともあるんですがw

 

 

6.まとめ

今回はスーツの細かいところだけど意外と聞かれたりところについて書いてみました。

まとめると、ジャケットは「センターベントであきみせの2つボタン」、パンツは「シングルでノープリーツ」を買っておけば間違いないですね。

ちょっとスーツの着こなしに慣れてきたら、ジャケットは「サイドベンツで本切羽の段返りの3つボタン」、パンツは「ダブルでノープリーツORワンプリーツ」を買ってみるといったところでしょうか。

ダラダラと書きましたが、正直スーツが好きな人じゃないとあんまりこだわらない内容でした。

ただ、まぁ、なんちゃらは細部に宿ると言いますしw

 

ホロッときちゃいました。【映画感想】フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い

映画

 

フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
 

ちょっとしたアクションものにハマっているので観た映画。

旅行をしててiPadを持っていったのですが、旅先の暇な時間に映画が見られて退屈せずにすみました。

便利な世の中になったものです。

 

さて、映画に戻って。

あらすじとしては、強盗にあるおばあさんが殺されてしまうんですが、4人の養子(不良)がその犯人を探して復讐するという映画。

 

いやー、いい映画でした。

最近小難しい映画(どれもいい映画でしたよw)ばかり観ていたせいかわからないですが、こーゆー勧善懲悪な映画はいいですね。

 

兄弟の友情を交えつつ、時にシリアスに時にコミカルに描かれていて結構うるっときました。

 

あと、最後の決闘の仕方もいいです。

色々な謎が解けてからの最後のこの流れはとても良かったです。

復讐劇って意外と復讐した後に何も残らないってことが多いんだけど、この映画はむしろすがすがしかったです。

きっと、それも最後の決闘が正々堂々としたもの?だったからですかね。

 

久々にマーク・ウォールバーグ出演の映画を観ましたが結構個人的には好きな俳優さんなんです。

他のマーク・ウォールバーグの出演作品でも見ようかな。

 

意外とホロッとくるいい映画なのでオススメです。

 

 

新しい感じのバディもの【映画感想】エンド・オブ・ウォッチ

 

Netflixで高評価だったので、観ることに。

いやー、予想以上に面白く、斬新な映画でした。

何が斬新かというと、映像が車の車載カメラだったり、登場人物が持っているハンディカメラだったりで撮られています。

なので、予備知識なしに観ていた自分は「あれ、これドキュメンタリーなの?映画なの?」って感じで惹き込まれちゃいました。

銃撃戦してる最中も撮ってたりするので、その辺りでさすがに気付くのですが、それでも内容もしっかりしてるのでとても興味深くみれました。

 

あらすじとしては、二人の警官パトロールが麻薬組織の秘密に触れてしまって命を狙われることになるんですが…といったところです。

 

この映画の素晴らしいところは、主役である二人の警官、白人巡査のテイラージェイク・ギレンホール)とメキシコ系巡査のザヴァラ(マイケル・ペーニャ)の二人のキャラクターとかけあいです。

二人ともいつ殺されてもおかしくない危険な場所をパトロールしてるんですが、車の中の会話とか上司との会話とかが軽くて面白い。

なんていうか、テンポのいいバカ話が嫌な感じにならないのが洋画(特に警官ものとかクライムアクション)の持ち味だし、個人的には好きなところ。(もちろん、日本映画もいい作品たくさんありますよ)

特にこの映画はかけあいが面白いので、見どころです。

 

それと最初にドキュメンタリーっぽいとあげましたが、このリアリティをよりリアルにしてるのが二人の主演。

突入のときの動きとか、現場に急行する様子とかが本当にロス市警っぽい。というか最初は本当に警官だと思ってましたw

なんでも、5ヶ月ぐらいしっかりとトレーニングを積んだようで…役者魂ですね。

 

本当に仲の良いバディって感じだったので、最後のほうは感情移入しちゃって…ホロッときちゃいました。

 

監督はデヴィッド・エアーで「フューリー」「トレーニング・デイ」を撮った監督なんですね。

「トレーニング・デイ」はちょうど観てみようと思ってたので楽しみです。

 

新鮮でいいポリス映画でしたよ。

コーラ片手に軽い感じで観れる映画です。

明るい西部劇。【映画感想】トゥルー・グリット

 

マット・デイモンが出てるじゃんっていうだけでNetflixで観た映画。

なかなか面白かったですね。

結構、重い感じの敵討ち西部劇なのかなって思ってたら全然そんなことなくて、むしろちょっとコメディタッチ。

なので軽い感じで観ることができました。

 

1969年の「勇気ある追跡」っていう映画のリメイクなんですね。(古い映画を語れる男ってかっこいいなと思いつつ、自分はさっぱり語れませんw)

 

あらすじとしては、

マティ(ヘイリー・スタインへルド)が、「トゥルー・グリットを持つ男」ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)とラブーフ(マット・デイモン)を仲間にして、父親の敵討ちに出かける冒険談(成長物語)です。

 

この映画、マティ役のヘイリー・スタインへルドが素晴らしいです。

とにかくかわいいw

頭脳明晰で生意気で度胸もあって、大人たちを言い負かしちゃうんだけど、でもやっぱりどこか子供。

映画のテイスト自体明るい感じなんだけど、でもこの子の演技がそれをより効果的にしてるんだよな〜。

 

それに併せてもちろん素晴らしい俳優陣が脇を固めているので、全くブレずに最後まで面白く観れました。

 

ちなみに監督のコーエン兄弟の他の作品の評価もすごく高く、注目の監督らしいので(全然知らなかったです。「ノーカントリー」も聞いたことあるけど観たことないので)、他の作品も観てみたいな。

 

ライトな感じで見れる西部劇です。家族とかで観るのもいいかもですね。

相変わらずアクションがいいですね【映画感想】バトルフロント

 

バトルフロント(字幕版)
 

 最近、サスペンス系の映画ばっかり見てたので久々にアクション映画が観たいと思いNetflixを探していたところ、ジェイソン・ステイサムの顔を発見したのでみた映画。

んー、実に予想を裏切らないジェイソン・ステイサム的な映画でした(なんじゃそりゃw)

 

あらすじはこちら。

シルベスター・スタローンが製作・脚本を務め、スタローンとは「エクスペンダブルズ」でもタッグを組んだジェイソン・ステイサムが主演を務めたクライムアクション。ひとり娘のマディのため、危険な潜入捜査官の仕事を辞し、亡き妻の田舎で娘と穏やかに暮らすことを決めたフィル。しかし、町を裏で牛耳る麻薬密売人のゲイターが、ある思惑のためにフィル親子を陥れようと画策する。平和な生活を望んだフィルだったが、娘の身に危険が及んだことで怒りに火が付き、娘を守るためにたったひとりで悪に立ち向かう。ジェームズ・フランコが悪役ゲイターを熱演。その他の共演にウィノナ・ライダーケイト・ボスワース。監督は「ニューオーリンズ・トライアル」のゲイリー・フレダー。(映画.comから引用)

 

これがいいんですよ。「父、強し」ってやつですね。

もう敵とかフルボッコですよw

まあ、田舎町なんで大したことないだろと思ってたら結構ド派手なアクションでしたw

でも、今回は田舎町が舞台だからか敵とか周りの人とかも意外と優しいというか、人情味溢れるところがチラホラと。

とかいいつつも、基本的にはブレないいいアクション映画でした。

 

すっきりしたい方は是非観てください。

自分は感化されて早速筋トレしましたw

【ファッション】新入社員のためのスーツ選び②~スーツ編~

ファッション

先週、全体像を説明しようと思ってつらつら書いていたんですが、今回からは先週の記事で触れられなかった点をより詳細に書いていこうと思っています。

※新入社員向けとは書いてますが、新入社員じゃない方にも参考にしてもらえれば幸いです。

ちなみにスーツから靴下まで全体像を記載した前回記事です。

monmontana.hatenadiary.com

 

今回は大物のスーツについて書いてみました。

自分もスーツは色々失敗したりしてきたので、少しでも自分の経験がこれからスーツを買う人のためになればと思ってます。


f:id:monmontana:20170310204008j:image

 

 

0.前提として・・・

お金があればいくらでもいいスーツを買えますし、服装が自由な職場であればどんな派手なスーツを着ていても問題ありません。

ということで、あくまで”新入社員のための”ということで書いていきます。といいつつも、新入社員~5年目ぐらいまではずっと着られるものをオススメしたいと思います。

ということを考慮して、スーツの予算は3万円~4万円ぐらいで考えてみました。(自分の経験上2万円ぐらいだと安物買いの銭失いになったので・・・。)

 

1.オーダースーツ(パターンオーダー)か既成のスーツか

これは結構意見が別れるところ。ちなみに自分は両方経験があります。既製のスーツも2万円ぐらいのものから10万円を超えるものまで着用したことがあります。

 

自分の出した結論は既成のスーツ。

 

理由は2つ。

 

1つはお金が無限にあればもちろんオーダースーツがいいですが、 そんなにお金がないこと(悲しいw)。

当然、既成とオーダーであれば同じ生地で同じ技術を使っていれば既成のほうが安いでしょう。それならいいものが欲しいなと。

 

2つめは既成のスーツで自分のジャストサイズのものがあるからです。もちろん、袖や丈は直しますが(これは後述)。

 

なので、体型的に既成であう人は既成のスーツで、体型が合わない人はオーダースーツでがいいと思います(あと、金持ちの人ねw)。

 

2.どこで買えばいいの? 

自分の経験でいえば、

オーダースーツ → 麻布テーラー

既成スーツ   → スーツカンパニー

が一番いいです。(3万円~4万円の予算の場合)

 

自分は両方とも購入してますし、3~4年前に購入したものを現在も着ています。

また、自分の友人も多くもこの2つに落ち着いています。なので、新入社員~30代まで着用できるって側面からもオススメです。

もちろん、自分で購入してないスーツ屋さんもたくさんありますが、自分で経験してないところは判断できないので…。

 

2-1.麻布テーラーのよいところ

・パターンオーダーだけど細かいところまでオーダーできる

・オーダーだけど安い(37,000円+税~)

・店員さんの知識が豊富なので、自分で調べたり勉強する必要なく教えてもらえる

ですかね。ただ、若干店員さんの趣向がクラシックよりなので(これは人によるかな?)細身に着たいですって伝えた方がいいかもです。

ちなみにオーダースーツを作るときは最初は1番安い生地で作りましょう。最初から、自分にぴったりのオーダースーツを作るのはなかなか難しいので。

 

2-2.スーツカンパニーのよいところ

・シルエットが現代風(いい意味で攻めすぎていない)

・値段が安い

・ツーパンツスーツがある

スーツカンパニーは若者向けに作られているので、シルエットが現代風でいいです。他の同様の量販店と比較しても細すぎたりしていないので、ビジネス着としてオススメです。

購入するときは、3万円程度のウール100%を購入してください(デザインでいいのがあればツーパンツがいいです)。

注意すべき点は、店員さんのレベルがまちまちなので、自分からいい人をみつけて声をかけましょう。

また、袖が本切羽になっているので袖丈を短くする場合は注意しましょう(理由は今度説明できればと思います)。

本切羽であることが評価されているんですが、個人的には購入後、袖丈を詰めた後にあきみせか本切羽か処理できるようにしてほしいです・・・。

 

3.スーツを買う際に気をつける点

ここからは基本的には既成スーツを買う場合の話。(オーダーは店員さんと相談しながら自分の体型にあわせたものをつくるので。)

 

3-1.サイズ感

スーツはサイズが最も大切。

肩で合わせてブカブカになったり、逆にピチピチ過ぎて動きにくいことがないようにしましょう。

最初は自分のジャストなサイズ感がわからないと思うので、自分と同じような体型で、かっこよくスーツを着こなしている30代ぐらいの店員さんを見つけて、アドバイスを求めましょう(むしろこれが一番大切な気がする。)

ちなみに参考までに高いスーツとスーツカンパニーのものだと同じ細みでも圧倒的に着たときの動きやすさが違います。それは縫いあわせであったりと作り方や手間暇が根本的に違うからです。

立体的に作られているか平面的に作られているかの違いみたいな感じです(分かりにくくてすみませんw)。

慣れてきたら是非ワンランク上のスーツを着るといいと思います。全然違いますよ。

 

3-2.着丈の長さ

これはスーツだと気にしなくても大丈夫なとこだと思いますが、余りにもお尻が出すぎてしまうとかっこ悪いので気をつけましょう。(ベルトからお尻の下部までの長さで1/3のお尻が見える短さだと短いと言われてます。)

 

3-3.袖丈の長さ

これは最も注意してください。

袖丈が長すぎると幼くみえてしまい非常にかっこ悪いです。

逆にスーツがかっこよく着られている人はみんなこれができています。(袖丈が長くていいのは女子高生のカーディガンだけですw)

 

Yシャツが1cmほどでるのが適切です。ただ…これが難しいんです…。

 

自分でスーツを買いに行った時の話なんですが、その時は夏だったこともあり、袖が少し短いYシャツ着たまま買いに行ってしまいました。そして、たまたま知識不足な店員さんにあたってしまった結果、袖丈が短すぎるスーツになってしまいました・・・。

もちろん自分の経験不足もありました。

3万円でスーツ2着購入した時だったので、袖丈を直す料金ももったいないので、結局パンツだけ履くハメに・・・カナシカッタデス・・・。

 

なので、しっかりとYシャツを着用して(もしくは着用させてもらって)、スーツを買いましょう。そして、店員さんを見極めてしっかりと聞きましょう。


f:id:monmontana:20170310204053j:image

イメージとしてはこんな感じ。

フリーの素材であまりいいものがなく、クリントン元大統領に見本として登場してもらいましたw

 

3-4.裾の長さ

これもかっこよく着ている人はみんな気をつけてます。

最初はハーフクッションがオススメです。ハーフクッションとはパンツの裾が靴の甲に少しあたるぐらいをいいます。

ちなみに自分はノークッションぐらいにしていますが、最初はハーフクッションで様子を見て、のちのち攻めてみましょう。

この調整もまた難しく、自分も未だに2回ほどなおしたりすることも多いです。

センスのいい店員さんにしっかりと相談しましょう。

 

3-5.パターン

確かスーツカンパニーには2つのパターンがあったと思うんですが、細身のパターンを選びましょう。

これは言うまでもなく、細身のほうがシルエットがキレイだからです。ちなみにスーツカンパニーの細身は細すぎないので安心できると思います。

 

4.まとめ

もっとオシャレな方はいっぱいいて、スーツの作りとか色々こだわる点はあるんだと思いますが、ひとまず以上の点を気をつければ新入社員としていい感じでスタートがきれるんじゃないでしょうか。

あと、直すことに抵抗をもたず、直したあとは必ず試着しましょう。そして、変だと思ったら必ずもう一度直しましょう。

とごちゃごちゃ書いてきましたが、なんだかんだで結論、いい店員さんを見つけるのが近道かもしれないですねw

 

 

続きはこちら↓

monmontana.hatenadiary.com

 

色々考えさせられる【映画感想】ゴーン・ベイビー・ゴーン

映画

 

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

 

 ベン・アフレック監督兼主演の「ザ・タウン」を見てよかったので、ベン・アフレック監督作品をNetflixで検索することに。

 

いやー、面白かったです。

個人的には「ザ・タウン」 よりも面白かったですね。

 

ストーリーとしては、

ボストンで探偵業を営んでいるパトリック(ケイシー・アフレック)と恋人のアンジー(ミシェル・モナハン)の元にいなくなった娘を探してくれと依頼がまいこむ…

って感じですかね。

 

最近結構ハマってる「おぉ、こーくるか」という予想外の展開をが繰り広げられる映画でした。

 

なので、細かいあらすじとかは書くのは控えようと思います。

 

主演のケイシー・アフレックベン・アフレックの実の弟。

調べたら結構有名な映画に出演してて、さらに「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で今年のアカデミー主演男優賞を受賞しているという…。

印象的には演技が上手いって感じはなかったので、どう変わったのか気になりますね。

 

 

 

 

ここから少しネタバレ含みます。

 

 

 

この映画のメッセージは実に明快で、「法律をとるのか人情をとるのか」 。

これは難しいですよね…自分はプライベートであれば人情を優先で仕事では法律(ルール) を優先しますかね。

仕事は法律(ルール)のなかで(利用して)いかに勝負するかだと思っているので。

 

ただ、今回のような人が傷つくケースだと難しいですよね…自分もこの立場だったらどーするか…。

むしろ裁判官や弁護士、警察官などはこういった判断をくださなきゃいけないと考えると大変な仕事だなと。

 

何より色々考えさせられる映画でした。

ラストの後味はあまり良くないですが(もちろん狙ってこのラストにしたと思いますが)、オススメです。